スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖夜

2007.12.24 *Mon
キャンドルのあたたかな光が明かりを落とした室内をほのかに照らす。
「今更こう改まってクリスマスというのも気恥ずかしいもんだな」
ソファーに身を沈め笑うアーロンの表情が言葉通りの照れを隠したように見えるのは揺らめく光のせいかもしれない。
「たまにはいーだろ」
お互いに片手に持ったグラスを合わせれば、チンと済んだ音が耳に心地良い。
一気に煽って空にしたグラスをテーブルに置き、空いた右手をアーロンの左手に重ねる。
その手に視線を落として「早く飲んじまえよ」と呟くと、絡めた指が僅かにピクリと動いた。
アーロンのグラスが空になるまで、オレの左手はポケットに忍ばせた小さな箱を弄んで待っていた。

………………………………………

箱の中身はなんじゃらほい
この二人で指輪は絶対ないかと
スポンサーサイト
CATEGORY : 365日のお題



Copyright © JSNO3(仮) All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。