FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアーワックス

2007.09.08 *Sat
「買い物に行くが、何かいるか?」
出掛けようとしていたアーロンに声を掛けられて何かあったか考える。
「あー、そーだ。ヘアワックス」
買い忘れていた物を口にするとアーロンは几帳面にメモを取った。
「何でもいいのか?」
「や、ハードじゃなくてニュアンス系で」
ペンを止めたアーロンが訝しげな表情を浮かべた。
「こんなもの、買ってどうする」
おかしなことを聞く奴だ。
「使うに決まってんだろ」
「…ああ、ティーダか」
「アイツのはハードだろ?それはオレの」
そう言うと今度はムッとした。
お前は怪人20面相か?なんだっつーんだよ。
「そんなものいつ使うんだ?」
「あぁ?いつも使ってんじゃねえか」
「いつもボサボサのままだろうが…どうせコソコソ遊びにでも行く気なんだろう」
「ちょっと待て、オレがいつコソコソしたんだよ」
話がおかしな流れになってきた。この喧嘩上等な空気は何だ?
「…そこまで面倒を見るつもりはない。自分で買いに行くんだな」
「おいっ…!」
怒りをあらわにしたかと思えば、一変して冷ややかな視線を浴びせてオレの言葉も聞かずにアーロンは出て行った。
そして取り残されたオレはやっと理解した。
キーワードは「ボサボサ」。

わかってねえ。アーロン、おめえはオレを全くわかってねえんだな。
オレのヘアスタイルは計算しつくされて作られた無造作ヘアだってことが!!
あらぬ疑いをかけられた事も悲しいが、毎朝の苦労をボサボサの一言で形容されたこの悲しみはどーすりゃいいんだ?
まあ、嫉妬されたことに悪い気はしねえが、それ以上にショックがデカイ。
『無駄なあがき』
そんな言葉が頭に浮かんだ。

それ以来オレがヘアワックスを使うのを止めたことは言うまでもない。
…が、誰もそれに気付いてくれなかったことは言いたくねえが言っておく。

………………………………………

ナチュラルメイクは実は手が込んでるんですよーというそれ。
スポンサーサイト
CATEGORY : 365日のお題



Copyright © JSNO3(仮) All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。