FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け組

2007.08.27 *Mon
今この状況を考えると、確かにザナルカンドでのオレは「勝ち組」だったのかもしれない。
ここの奴らはオレを知らなかった。オレを知らない奴なんていないと思ってたから、正直プライドはズタズタ。
ザナルカンドエイブスの名前を出したら何がなんだかわからねえまま牢屋にぶち込まれた。
もしかして奴らは熱狂的なエイブスファンでオレがジェクトを騙ってるとでも思ったのか?
いつ出られるかもわからない狭い牢屋。奴らの言ってる事も全く理解出来ない。
こういうのを「負け組」って言うのかもしれない。マジでキツイ。

そこにやってきた二人の男。
「ジェクトとは、君のことかい。」
コイツもオレを知らないらしい。
「だったらどうする」
ブリッツでもしてくれってんなら見せてやってもいいぜ。
オレの態度が気にいらないらしく、後ろにいる奴がキャンキャン吠える。何だっつーんだよ。
それを制したブラスカと名乗った前の男が、ザナルカンドへの旅にオレを連れて行きたいと言った。「よーし乗った!」
乗る以外にここから出られる気がしない。なんだか事情がありそうだが、贅沢は言ってられない。
案外、オレはまだツイてるのかもな。
話はまとまったってのに、また後ろの男が難癖つけてるらしく、二人は牢屋の前で何やら話をしている。
とりあえず早く出しやがれ。


「やっと出られたぜ…」
牢屋から出られて、まずは安心した。
ブラスカって男はまあ悪い奴でもなさそうだが、もう一人の男がクセモノだな。
そう考えて牢屋の中からはよく見えなかったソイツの顔を見て驚いた。
こんな時に不謹慎だが…えらいべっぴんじゃねえか。不機嫌そうな顔もまた、いい。
あまり歓迎されてないのはわかっちゃいるが、ザナルカンドまでの道則、楽しくなりそうだ。
こんなにツイてるなんて、やっぱりオレは「勝ち組」なのかもしれない。

………………………………………

女房子供いながら不謹慎ですことよ。
ジェクトはちょっとしたことにも楽しみを見出だせそうだ、というお話(のつもりじゃなかった)
スポンサーサイト
CATEGORY : 365日のお題



Copyright © JSNO3(仮) All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。