FC2ブログ

This Category : 365日のお題

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/18 窓【365】

2011.08.24 *Wed
アパートの階段を上って三階。
一番角のドアノブに鍵を差し扉を開くと、いつもの光景が目に飛び込んできて知らずに頬が上がる。
「ただいま」
玄関から伸びた廊下の先、部屋のドアは開いていて。
真正面に位置する出窓に膝を折り曲げて腰掛けたアーロンが、手にした本から視線を上げる。
「ああ、おかえり」
パタンと本を閉じる音を聞きながら、オレはいつも靴を脱いで部屋に上がる。
家に帰り一番初めに目に入るのがアーロンというこの光景は、ひそかにオレのお気に入りだった。
「また本読んでたのか、好きだな」
「あんたもたまには読んだらどうだ?」
長い脚を床に降ろして笑うアーロンに肩を竦めて見せた。
「そういや、もうすぐこの部屋更新だけどどうする?もうちょいいいとこ引越さねえ?」
自分一人で暮らしていた頃に住めればいいと選んだ部屋なだけに、二人の生活を手に入れた今はもっといい部屋に住ませてやりたいという気持ちもあった。
だからアーロンが「俺は割とここが気に入ってる」と返した時は少し驚いた。
「どこが?狭いしよ、まあ汚いとまでは言わねえがキレイとも言えねえし」
ぐるりと部屋を見渡してみてもやはりこれといって褒められる所も見当たらない。
「この窓…」
「あぁ?」
「この窓が好きなんだ」
「窓?」
さっきまでアーロンが座っていた出窓を眺め渡すも、もちろん何の変哲もないただの窓だ。
何がそんなに気に入ったのか聞いてみたがアーロンはそれには答えずに、
「まあ…あんたが引越したいならそれでも構わない」
と笑った。


翌日。
少し出て来るがすぐ戻る、とアーロンが出掛けて行った。
引越し先を探す為に買ってあった雑誌を開き、めぼしい所に印を残していく。
数箇所当たりをつけた所で、出窓に置き去りにされていたアーロンの本が目についた。
「何がそんなにいいのかねえ…」
本を手に取り、いつもアーロンがしてるように腰掛けてみる。
パラパラとめくってみたが、内容は難しそうですぐに閉じた。
アーロンの出窓は、当たり前だが坐り心地がいいわけでもない。
釈然としない思いでふと窓の外に目を遣ると、ちょうど下の通りにアーロンが帰って来る姿が見えた。
気付くか?と手を振ってみたが、自分の帰宅時を思い浮かべ考えるとどうやら下からは見えにくそうだ。
アパートの階段は敷地をぐるりと回り込んだ方にある。
階段へ向かい歩き三階まで上る自分を想像し、そろそろかと思った頃に鍵を開ける音が響いた。
ガチャリ。
玄関のドアが開いて、アーロンの姿。
出窓に座るオレを見て一瞬驚いた顔をした後で、「ただいま」と笑みを浮かべた。

ああ、もしかしたら。

例えばもしオレが部屋で待つ立場なら、きっとアーロンと同じようにこの出窓に座る事だろう。
今から帰ると連絡がきた後に、少しでも早くその姿を見たくて。
そして、帰ってきたアーロンに一番に自分を認識してほしくて。

「おかえり」
「その本、読んでみたのか?」
「いや、書いてあること全然わかんねえんだもん」
笑うアーロンの視線の先がテーブルの上の雑誌に向けられていることに気付いたオレは、出窓を下り雑誌を丸めてごみ箱へと突っ込んだ。
「いい場所はなかったのか?いくつかチェックしてあったようだが…」
「気に入った場所はあったぜ?…ほら、この出窓」
出窓の桟をトントンと叩き示し、何か言いたげなアーロンを抱き寄せた。
「帰って来た時おめえがここに座ってると、一番に見えるから気に入ってるんだ」
額を合わせてそう言うと、お互いに若干気恥ずかしくなってどちらともなくくつくつと笑った。
「ジェクト、実はな…」
「実は、なんだ?」
「俺もあの本の内容、全くわからん」
腕の中で悪戯めいた目でそう告白するアーロンが余計に愛おしくて、気付けば唇を塞いでいた。


………………………………………

5月に書いて更新せずに眠っていたものを今更取って出し。
スポンサーサイト
CATEGORY : 365日のお題

ひとりあそび【365】

2011.08.12 *Fri
なんか最近おかしなものばかり書いている気がする。
そしてネタに頭がおいつかず、ものっそいいい加減な書き方になってるような・・・。
もともと遅筆なのでネタが沢山沸くとどれからやろうと迷った挙句になんにも手がつかないよ!
の中、別ジャンルでも書いたこのお題を書き始めてしまったあたり腐っている。腐敗している。

とってもぬるいですがR18で。
18歳未満の方は見てはいけません。


CATEGORY : 365日のお題

間接キス?

2011.07.31 *Sun
ものすごくヌルイですがいたしてます。
ので、18歳未満の方は閲覧をお止めください。

JBで。BA←J前提。愛はありません(今んとこ)

では続きからどーぞ。
携帯からはそのまま表示されるので注意!





………………………………………
CATEGORY : 365日のお題

待ちに待った

2011.07.22 *Fri
「アーロン、ヤらせろよ」
何度口にしたかわからない。
旅行公司で部屋を共にする度にそう言っては相手を怒らせた。
「あんたの頭にはそれしかないのか」
抱きしめようとして、キスをしようとして、突き飛ばされ、時に本気で殴られ。
それでもヘラヘラと笑うオレを睨む、憤怒と軽蔑の入り混じった眼差し。そんな顔も嫌いじゃなかった。

本気で言ってたわけじゃない。
いや、本気ではあったが、どんな反応が返ってくるかぐらいわかってた。無理矢理どうこうしようなんて頭もなければ、そんな風に抱く趣味もない。

けれど気持ちをごまかして、騙すように触れるのは嫌だった。隠し事も駆け引きをするのも面倒。
だからストレートに。
「アーロン、ヤらせろよ」
これ以上はないほどの直球で。全ての欲求を込めて。
言ったって拒まれんのが当然だ。わかってて言ってんだから、怒られようと殴られようと、やっぱりなって笑ってられた。

だから、こうやって黙られちまうと困るんだよ。
いつもなら突き飛ばされてるはずなのに、そのまま抱きしめることに成功した腕が、うろたえる。

「いつもみてえに抵抗しねえのかよ」
「…してほしいのか?」

んなわけねえだろ。んなわけねえのに。待ち望んだはずの体温が腕の中にあるのに。
いざとなったらヤるどころの話じゃねえなんて、ガキかっつーの。
ベッドに押し倒せる状況でそれをしないのは何故だ、と考えて気付いた。そんなにまで惚れちまってる自分に。
ウブなガキみてえにドキドキしちまって、キスしても大丈夫かなんて迷ってる。我ながら笑える。

とりあえず。
ギュッと抱きしめてみる。頬を寄せてみる。腕の中の相手はされるがまま。
唇が触れ合う直前まで顔を近付けてみれば、拒みもせず待ち受ける唇が微かに震えているのがわかった。
そのままそっと口づける。ぴくりと相手の体が跳ねる。躊躇いがちに、けれどしっかりと背中に回された手から伝わる熱が胸を熱くする。
ああ、オレはこんな日をずっと待っていたんだ、と思う。
ヤるとかヤらないとか、そんなことがどうでもよくなるぐらいに。

受け入れてほしかった。
「ヤらせろよ」なんて言っておいて今更そんな単純な気持ちに気付くだなんて、オレも大概どうかしてる。
なあアーロン。オレに抱かれたいか?もしおめえがその覚悟を決めてくれたんだとしたら、悪いが今夜はヤれそうにない。
もうすぐオレはおめえを押し倒すだろうが、ただそれだけだ。抱き合ったまま眠りたい。触れられたまま眠りたい。

待ちに待ったはずなのにおかしな話だって、オレもそう思う。
口ばっかりだと思われるのもシャクだけど。代わりに今夜キチッと伝える。
このオレが手出し出来なくなるぐらい、アーロン、おめえが好きだと。


………………………………………

とっちらかった!
CATEGORY : 365日のお題

将来のユメ

2011.07.09 *Sat
スタジアムへ出掛けようとして、玄関のドアの前で振り返る。
「試合、見に来るんだろ?」
妻が頷く前に、彼女の後ろに体を隠した息子が顔を覗かせてこちらを睨んだ。
「行かない!…ジェクトなんか負けちゃえばいいんだ」
「ティーダ!」
窘める妻越しにぶつかる視線を受け止めてジェクトはニヤリと笑った。
「今日は負けるかもしれねえぞ」
訝しげな表情を浮かべた息子の前にしゃがみ込み、ずいと顔を寄せる。小さな足が僅かに後ずさる。
「今日負けなけりゃ明日負けるかもしれねえ。オレが負けるとこ見てえなら、負けるまでずっと見に来い」
金色の柔らかい髪をジェクトの武骨な手がくしゃくしゃと乱暴に撫でると、息子はイヤイヤをするように身を反らした。
それでもすぐに視線は父親をきつく捉え直す。母親の服を握り締めながらも、目を離さない。
いい目をしやがるじゃねえか。
立ち上がり遥か遠くなった息子の目を見下ろしてフフンと鼻で笑ってみせる。存在するかも怪しい父親の威厳を示す為に。
行ってくる、の言葉の代わりに妻の頬に軽く口付け家を出る。しばらく歩けば自然と笑いが零れた。

こりゃ意地でも負けらんねえな。

息子に嫌われている自覚は十分過ぎるほどにある。父親として決して嬉しいことではない。
我が子が誕生した時、ジェクトも他の父親と同じ様に手放しで喜んだ。壊れ物に触れるように初めて息子を腕に抱いた日の事は今でも鮮明に覚えている。
いつの日からだろう。
泣かせる事ばかりが得意になったのは。
ティーダが自分の手を払いのけるようになったのは。

ジェクトには息子を自分と同じブリッツ選手にしたいという夢があった。それもただの選手ではない。キングオブブリッツと呼ばれる自分のような一流の選手に、だ。
幸い息子はブリッツ自体には興味を持っているようだった。
ただし、やれと押し付ければ間違いなく反発するだろう。ましてや大嫌いな父親と同じ職業だ。
生半可な気持ちでてっぺんに上り詰められる程この世界が甘くないことは自分が一番知っている。
だからこそ今はその反発心で自分を越えようと思ってくれればいいと思っている。
その為なら今より嫌われても構わない。

それまでは自分が座っているキングの座は誰にも譲れない。
ぶざまな姿など絶対に見せるわけにはいかなかった。
たとえ父親として嫌われていようと、息子に誇れるものといえば自分にはそれしか見つからないのだから。


………………………………………

何年も前に書いてあったネタを少し修正して使用。
親父はつらいよ。
CATEGORY : 365日のお題



Copyright © JSNO3(仮) All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。